雪山

デザイナーになりたいなぁ…

学生さんや、もしかしたら今、他のお仕事をしながら
夢を諦めきれずに、ぼんやり望みを抱いている方もいるかもしれません。

でもいろいろ考えると不安ばかりが押し寄せて
憧れのまま、時が過ぎていってしまう…

なかなか勇気がでなくて踏み切れない方、
そして、社会人になってデザイナーへの道を諦めきれない方へ…

あなたもデザイナーになれます!!

でも、社会人の方が、これから生きる道を変えるなんて
とっても勇気が必要ですよね。

私もそんな一人でした。
少しだけ私の経験をお話したいと思います。
ほんのちょっと、前へ進む力になれると嬉しいです。

はっと、気づけば私はデザイナーになって18年。
けれど、スタートラインにたつまでは
いろいろドラマがありました。

高校卒業をしてまず地元の医療機関へ就職。
それから4年間、事務として働いていました。
仕事には真面目に取り組み、楽しく過ごしていました。

けれど、私の心の中はいつだって
“なにかがちがう”
“わたしの人生ってこんなもの?”
“ここじゃない、なにかがある”

それはずっと海外で働くことを夢みていたからかもしれません。
そう、17歳の時に見たテレビがきっかけで
グラフィックデザイナーの存在を知り、
これだ!!
と、光が走ったのを覚えています。

地元は田舎。
そんな横文字のおしゃれな職業なんて
誰も知らないような世間だったので
憧れていたなんて誰にも言えませんでした。

でも、いつかは私だって…
胸に密かに野望を抱いていたのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!