WEB担当者として - 役割を確認したら -

前回、役割を確認しましょう。という話をしました。
どうでしたか?しっかり確認できましたか。

それでは今回あなたの役割が
WEBサイトの更新
であれば・・・の話をしていきたいと思います。

サイトの更新ということであれば
まず新しい製品やサービスが出たりスタートしたら、
その情報を更新することで、WEBサイトを通してユーザーに知らせます。
WEBサイトは新規ユーザーであれば企業からの唯一のコミュニケーションの場になります。

さらに、サイトに何かしら不具合があれば修正し、通常通り見れるようにします。
常日頃から新しい情報を載せることを心掛け、サイトに命を吹き込むことを意識します。

また日頃心がけていても、アクセス数や問い合わせが増えなければどこが悪いのか、どうすれば改善するのかなど考える必要があります。

その際競合他社のサイトリサーチをしたりなどしないといけません。

そしてデザインなど変えないといけないところがあるのであれば
しっかりと変更し、ユーザーに優しい設計をしていきます。

また更新作業を行ったりする際にライティング作業などが出てくるとおもいます。
ライティングと聞くと、ただテキストかけばいいだけでしょ~?と思うでしょうが
そのライティング一つで、今後やるであろうコンテンツ作成に大きく響いてきます。

それはSEO対策といわれることにもなります。
ユーザーがしっかりと文章を読んでいて、ユーザーを引き付けるような内容であれば
サイト内を見てくれセッション時間も長いのでそうなるとクローラーも、このサイトはいいサイトだという評価をくれるようになります。

そうすると自然的に特定のワードで検索をかけたときに
上に上がりやすくなります。

ということはお金をかけないで1ページ目に出やすくすることができるようになるということになります。

なのでしっかりと見出しをつけたりユーザーが
読みやすい記事を書いてあげるように心がけましょう。

たかが更新作業だろう…ですが、されど更新作業です。

一緒に頑張っていきましょう。

今日の記事をまとめると

【サイト更新業務は意外とやることがある】です。

今回も短いですが以上です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!