猫ドアップ画像

WEB担当者として - 役割を確認したら2 -

今回はあなたがSNS担当を任されたら
という内容で話をしていきます。

早速ですが、SNS運用をお願いね。と頼まれたとき
どういったことをイメージしますか?

僕は最初、ツイッターで情報をつぶやいて
物を売ればいいんだな~くらいしか思っておらず
やらせていただいたときは、ほぼほぼ結果が出ませんでした。

しかし、その時の僕は、仕事をしっかりしたつもりでいました。
なぜなら、情報更新、売りたいものがあったときに
しっかりつぶやいていたからです。

売れていなくても、それは僕のせいではない
商品が悪いか、ニーズがないんだと思って
何も考えず”ただ”つぶやくだけの毎日でした。

それは言わずもがな間違いです。

今現在SNS運用を任された時の責任感はとっても大きいです。

トレンドをしっかり見極め、つぶやく内容にも気を使い
ユーザーたちと、しっかりコミュニケーションを取り
信頼関係を結ばないといけないからです。

SNSは売りたいものをつぶやくためのツールではありません。

私たち企業に属するものは、それを忘れて運用してしまいます。

それに写真の撮り方などサムネイルで見える部分なども
気をつけて更新していかねばなりません。

今の10代20代はグーグルでお店を調べる前に
インスタグラムなどで調べそのお店に行くか行かないかを決めたりします。

グーグルではググるといいますが、SNSなどではタグるというらしいです。笑

タグった際に写真などが微妙であれば
ユーザーは行く気、買う気が失せるでしょう

だから写真のひとつひとつも、気を付けて撮って更新してください。

私はSNS運用のプロではないので深いところまでは
突っ込んで物事を言えませんが上記の部分は間違っていないとは思います。

ユーザーの動向をしっかりと見極めポイントポイントでつぶやき
しっかりコミュニケーションをとり信頼を掴む
そして掴むだけではなく、維持し、そのお客様が問題を抱えた時
改善できるような提案をできれば
きっと、お客様はその提案されたものをあなたのお店で物を買うでしょう。

これが大手企業などであれば話は別です。
ブランド力のある企業であればそういったことをせずとも物やサービスは売れたり使われたりします。

ですが、ブランド力のない企業の場合ならこういった使い方が
結果が出やすくなるやり方だと僕は思います。

SNSで会社のブランディング戦略を着実に行い
他企業との差別化を図っていきましょう!

短くなりますが、これにてSNS担当の話を終わります。

まとめ
SNS担当は営業をしている気で担当しましょう

以上です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!